お造り 陶器と京料理

お造り

日本料理の中には、様々な料理があります。関西では京料理の人気が高いです。京都には、長い歴史があります。豊かな自然に恵まれた京都の中で磨かれた京料理は、懐石料理や精進料理などダシを基本とする伝統技術によって創作された料理のひとつです。美味しく美しく調理された京料理は、器使いも重要です。料理人は、陶器など様々な椀を選んで料理を盛りつけます。

お造りなども、出されたときに魅力的な器だと目をひきます。お造りなどの一品料理は、器によって見た目が変わります。ですから、選ぶ方も力を入れて選ぶことが少なくありません。繊細な料理ほど、器選びは重要なのです。器は、原料の産地や作る人によっても大きく異なります。和食の調理人の中には、修行中に勉強をして器の知識が豊富な人が多いです。

京都料理では、京焼もよく使われます。京焼とは、京都で作られた陶磁器のことで、非常に薄く繊細なのが特徴です。陶器にはそれぞれ特徴がありますが、京焼には他の陶器にはない繊細さがあります。器は、料理を盛ることで完成すると言われています。日本料理を食べる時は、器を見る楽しみもあります。舌と目で味わうことができるのも、日本料理の醍醐味のひとつなのです。

陶器の干支(2018年)ならこちらがお勧めです。
https://www.toukidou.com/1c-eto.htm

焼き窯

風情 陶器と京料理

風情

料理は味や使っている食材も大切ですが、それらと同じくらい大切とされているのが、見た目です。料理の見た目に関しては、料理自体を彩り鮮やかにするだけでは十分とはいえません。料理を盛り付ける「器」にもこだわってこそ、料理が持つ本来の美しさを食べる人に正しく伝えることができます。

京料理の場合ですと、数多くある器の中でもとくに陶器がおすすめです。京料理はその他の中華料理やイタリア料理、フランス料理などと違い、素朴な美しさが光る料理なので、風情の感じられる味のある見た目が印象的な陶器が見事にマッチするというわけです。

日本酒

料理と器は互いに主張が強すぎては、互いの魅力を半減させてしまいます。かといって、主張の強い料理に対して素朴過ぎる器を選んでしまうと、場合によっては両極端すぎてちぐはぐな印象を与えてしまい、バランスの悪いものとなってしまうこともあります。陶器と京料理は両方が控えめながらもしっかりとした個性を持ち合わせつつ、それを前面に押し出さない奥ゆかしさもあるため、個性を殺し合うことなく、むしろ見事に調和のとれた素晴らしい見た目を演出します。

陶器の風情ある姿は、時にシンプルで簡素ともとられてしまう京料理の日本らしい静かな魅力を、絶妙に引き立たせてくれます。

老夫婦